• スタッフブログスタッフブログ
  • ゲストハウスゲストハウス
  • バーチャルリフォーム体験|図面を元にした3Dイメージで理想の住まいを実現!バーチャルリフォーム体験|図面を元にした3Dイメージで理想の住まいを実現!
  • 困ったときのLPガス110番|毎日を快適に過ごしていただくためにお客さまの安全・安心をサポートします。困ったときのLPガス110番|毎日を快適に過ごしていただくためにお客さまの安全・安心をサポートします。
  • 大分EBL水素ステーション大分EBL水素ステーション
補助金を活用してわが家を快適リフォームしませんか?
  • 断熱リフォームをご検討中の全ての地域の方へ
  • 太陽光発電・エネファーム・家庭用蓄電池をご検討中の大分市にお住まいの方へ
  • エコリフォームをご検討中の全ての地域の方へ
高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業で窓・天井・外壁・床を賢く得するチャンス到来!

住宅における省エネ関連投資を促進することで、エネルギー消費効率の改善を促し、徹底した省エネを推進する観点から、既存住宅の省エネ化に資する高性能建材を用いた住宅の断熱改修について支援される事業です。

受付期間
平成29年7月14日(金)

平成29年8月25日(金)

執行団体
一般社団法人
環境共創イニシアチブ(SII)

補助対象
戸建住宅
改修部位
居間又は居室を中心とした改修(部分的な改修から全体改修まで)
【必須】高性能建材による
断熱改修方法
A.窓の改修 ※1/B.天井の改修/
C.外壁の改修/D.床の改修
上記A〜Dの組合せ(2部位以上)
補助対象及び
補助率・補助金額
  1. 補助率 
    補助対象費用の1/3以内とする
  2. 補助金の上限額 
    戸建住宅:1住戸あたり 120万円

※1:延べ床面積の25〜100%(←お住まいの地域により改修率が異なります)の工事が必要です。
   ただし、天井の場合は屋根の有る外気に接する天井すべての改修が必要。

住宅に再エネ・省エネ設備(太陽光発電設備・エネファーム・定置用リチウムイオン蓄電池)を設置する方は大分市から補助金を受けることが出来ます!

大分市では、地球規模での環境問題である地球温暖化対策に貢献するため、住宅に太陽光発電設備、エネファームおよび定置用リチウムイオン蓄電池を設置する方に対して、設置費用の補助を行っています。制度の概略は次のとおりです。

申請受付期間
平成29年5月1日(月)

平成30年3月30日(金)

※上記の期間内であっても、申請額が予算枠上限に達した場合はその日をもって受付を終了します。

平成29年5月1日午後5時15分現在
予算残額(申請ベース)
30,000,000円
補助対象設備
  1. 太陽光発電設備
    (2kW以上10kW未満)
  2. エネファーム(家庭用燃料電池)
  3. 定置用リチウムイオン蓄電池
※未使用品に限る。また、(2)と(3)については国の補助金の対象設備であること。

【国の補助金の対象システム】
エネファーム → 家庭用燃料電池システム導入支援事業(平成29年度)※外部サイトに移動します
定置用リチウムイオン蓄電池 → ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)支援事業蓄電システム(平成29年度)
または 住宅省エネリノベーション促進事業費補助金(平成27年度補正)※外部サイトに移動します

補助金額
補助対象設備一件につき一律 5万円
補助の対象者
以下の1から6までの全ての要件を満たす方が、補助の対象となります。
  1. 次のA、Bのいずれかに該当する者であること
    A.市内の住宅に対象設備を新たに設置する方(増設可)
    B.市内に新たに対象設備付住宅を購入する方(建売住宅)
  2. 市税を滞納していないこと
  3. 工事請負契約または売買契約の締結日が平成28年10月1日以降であること
  4. 平成29年度中に補助対象設備の設置を完了(電力会社の電力系統との連系を開始)させ、申請受付期間内に申請に係る一連の手続きを完了させることができること
  5. 過去に同一種類の補助対象設備について、大分市から設置費用の補助を受けていないこと
    (太陽光発電設備は平成24年度から、エネファームは平成26年度から、定置用リチウムイオン蓄電池は平成28年度から補助を行っています)
  6. 暴力団もしくは暴力団員と密接な関係を有しないこと

※共同住宅は対象外です。
※太陽光発電設備の増設の場合は、増設後の公称最大出力の合計が10kW未満である方が対象です。
※建物の所有者が申請者と異なる場合(賃借等)は、書面による所有者の設置承諾を受けてください。

[期間限定]住宅ストック循環支援事業を活用しておトクにリモデルするチャンスです!
住宅ストック循環支援事業のエコリフォームの概要
●補助金は施工業者を通じてお施主様に還元されます。  ●エコリフォーム後の住宅が耐震性を有することが必要です。
制度の流れ→工事請負契約→交付申請→交付決定→工事完了報告→補助金支払い
※補助金は、交付決定されなければ受けられません。予めご了承ください。

対象工事期間:平成28年11月1日~平成29年12月31日 ※施工業者の事業者登録が先に必要。
補助金交付申請期間:平成29年1月18日~遅くとも 平成29年9月7日 ※但し、予算消化次第終了。

エコリフォーム補助金額/最大30万円 ※耐震改修を伴う場合は、最大45万円。

[必須工事] ①~③いずれか1つ以上のリフォーム工事が必要
(①~③の補助金合計額5万円以上であること)

①設備エコ改修
3つ以上のエコ住宅設備の設置で、設備エコ改修となり、補助金の対象となります。
節水型トイレの設置 24,000円
高断熱浴槽の設置 24,000円
節湯水栓の設置 3,000円
高効率給湯機の設置 24,000円
太陽熱利用システムの設置 24,000円

②開口部の断熱改修
内窓設置・外窓交換 大:20,000円 中:14,000円 小:8,000円
ガラス交換 大:8,000円 中:5,000円 小:3,000円
ドア交換 大:25,000円 小:20,000円

③外壁、屋根・天井、床の断熱改修
外壁の断熱改修 120,000円
床の断熱改修 60,000円
屋根・天井の断熱改修 36,000円

必須①~③のうちいずれかと合わせて実施すると補助金の対象となります。

バリアフリー改修
手すりの設置 6,000円
段差解消 6,000円
廊下幅等の拡張 30,000円

エコ住宅設備の設置
3,000~24,000円

木造住宅の劣化対策工事
浴室のUB設置 30,000円等
※リフォーム瑕疵保険への加入必須。

耐震改修
150,000円

リフォーム瑕疵保険
11,000円

お家のリフォームに、国や県、市町村の補助金が利用できる場合があります。
どんな補助金が利用できるのか、まずはお気軽におたずねください。

  • お風呂やトイレなど水まわりのリフォームに補助金がもらえます。
  • 18歳未満の子どものいる世帯で補助金がもらえます。
  • 65歳以上の高齢者の暮らす世帯で補助金がもらえます。
  • 18歳未満の子どもを含む3世代が暮らす世帯で補助金がもらえます。

※1 長期優良住宅化リフォーム推進事業:補助対象工事費の1/3 
※2 市町村の補助金:子育て支援型、補助対象工事費の20%、世帯総所得が600万円未満の世帯 
※3 市町村の補助金:高齢者バリアフリー型、補助対象工事費の20%、世帯総所得が350万円未満の世帯 
※4 市町村の補助金:三世代同居支援型、補助対象工事費の50% 
   インスペクション(住宅診断)、一定性能を満たすリフォーム工事、リフォーム履歴と維持保全計画の作成が必要です。
   住宅の規模や種別、工事着手と完了の時期には条件があります。 
○補助金は予算に達し次第締め切られます。お早めにご相談ください。

  • リフォームの補助金に関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。
  • 0120-562-096 江藤産業フリーダイアル
  • またはメールでのご相談はこちら
  • スタッフブログスタッフブログ
  • ゲストハウスゲストハウス
  • バーチャルリフォーム体験|図面を元にした3Dイメージで理想の住まいを実現!バーチャルリフォーム体験|図面を元にした3Dイメージで理想の住まいを実現!
  • 困ったときのLPガス110番|毎日を快適に過ごしていただくためにお客さまの安全・安心をサポートします。困ったときのLPガス110番|毎日を快適に過ごしていただくためにお客さまの安全・安心をサポートします。
  • 大分EBL水素ステーション大分EBL水素ステーション

リフォームをお考えの方へ、
無料でお見積をいたします。

まずは、お気軽にお問い合わせください。内容を確認後、メールにてお返事させて頂きます。

▲ ページトップへ